Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉球ジョリジョリ

  
  
なんだか、もう梅雨入りしたそうで・・・
 
はやいよねーーっ!!
  
あーあ・・・。やだなぁ・・・。
 
  
そんで、今日も明日も雨だって・・・
 
( ̄ヘ ̄;)・・・
 

 
 
  
 
ダブが寝てます。
 

 
ん???
 
 ( ・◇・)・・・
 
おっ!!!
  
w( ̄o ̄)w
   
 
肉球の毛 がめーーーっちゃくちゃ伸びてるではないかっ!!
 
これは、これは・・・・
 
ジョリジョリしなければっ!!
  
 
 
 
 

これから暑くなってくると、
 
肉球の奥のところが炎症起こしてくるんだよね・・・。
 
雨続きだとよけいにだわっ。
 
   
 
 
では・・・
 
早速・・・。
 

 
バリカンでちょりちょりしまーーっす!!
 
  
 
ウィ~~~ン~~~~
 
ジョリジョリ~~~ィ~~・・・。
 
ジョリジョリぃ~~~・・・。
 

 
ムンギューーと肉球をひらいて奥の方までジョリジョリ~~
 
こんなことするとバトンなら飛び上がってビックリする所なんだけど・・・
 
 
 
ダブは・・・

 
 

  
  

寝とるがなーーっ!!
 
 w( ̄▽ ̄;)wワオッ
  
 

スヤスヤァ~~~・・・
  
  
なんともまぁ・・・
 
危機感のない寝顔だこと・・・。
 
 ┐('~`;)┌・・・
 

 
ジョリジョリした後は剃った毛を
 
掃除機で吸い取っちゃいます♪
 
肉球の奥までね。
 
 

  
 

ブッフォーーッ!
 
 

 
それでもダブは・・・
 

 
 
 
やっぱり、寝てます・・・ 

ε- (´ー`*) フッ・・・
 
  
 
ま・・・いいけどね。
 
ラクチンに作業できるから。
 

 

 

 
はい!
 
すっきりっ!!
 
できあがりっ!!
 
 

 
こういうことをする時のダブは
 
ほんと楽っ!!
 
で、いいんですけども・・・
 
ま、なんていうんでしょ・・・
 
危険察知能力が著しく未発達
 
とでもいうんでしょうか・・・。 
 
┐( -"-)┌ヤレヤレ...
 
 
   
バトンやコトラだとこうはいきません・・・。
 
コトラなんてムンギューとつかまえてないと
 
ちょっと力を緩めた瞬間に脱走ですよ・・・ 

 
 
バトンは肉球の毛は伸びないからいいんですけども、
  
爪きりとかは、切ってる間じゅうガタガタ震えてます・・・。
 
(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
 
 
それぞれの性格がでますね。
 
 ( ´艸`)プププッ
 
 

 
耳掃除や爪きりはだいたいサン匹まとめてするので、
 
今日も、
 
ダブのお手入れしてる横では・・・
 
 
なんだか
 
「石」のように固まってるヤツが・・・
 
 
 
 

ぷぷぷっ。
  
ダイジョウブ・・・
 
キミはジョリジョリはなし。
  


 
 

 
 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
 

 
ランキングに参加してます
 
順位があがるとなんだかうれしくて・・・。
 
励みになります。ポチっとお願いしますね。
 
 
  

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ダブ 誕生日なのだ!

 
こないだからアタクシ。
 
どうにも鼻がカピカピっで・・・。
 
絶対これは黄砂のせいだと思うんですけども。
 
今日なんて、もうカピカピ通り越して
 
パッサパッサで、もはや痛いんですけど。
 
w( ̄△ ̄;)w・・・
  
いえね。お肌の潤いなんてもんは、もうとっくの昔に失くしておりましたけど、 
 
まさか!鼻の穴の中まで潤いを失くすとは・・・。
 
 ┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・。
 
 
黄砂め・・・・ちっ・・・・。
 
 
 
ねぇねぇ・・・
 
これ黄砂のせいだよねぇ・・・
 
歳のせいとかじゃないわよねぇ・・ 
 
 ( ̄◇ ̄)?
  
 
 


そんな今日は
  
 

ダブの9歳のお誕生日です。
 

 
 
 
 
もう、9歳・・・。
 
 
おジイちゃんですわねぇ。
 
 
あいかわらず、まったく落ち着きないですけど・・・。
 
┐(´-`)┌
 
 
だいたいダブは骨の髄まで
 
「ヘタレ」
 
なので、お外ではチョー弱虫ですが
 
家の中ではお兄ちゃん風ふかしまくりです。
 
ま、そーいうところも
 
「ヘタレ」の定義
 
からはずれてません。
 
強い者には弱く・・・
 
弱い者には強い・・・。
 
( ̄ω ̄;)
  
 

 
今日だって、せっかくバトンが気持ちよく寝てると・・・
 

  

 

 

 

 

 

 

 

 
 
せっかくバトンが寝てた敷物を奪い取って
 
ご満悦・・・。
 
   
大人気ない・・・・。
 
 
まったくもって
 
 大人気ない・・・。
 
 ( ̄ ̄ ̄◇ ̄ ̄ ̄;)・・・
 
 9歳とは思えん・・・
 
もうちと落ち着いてほしいと願いながら・・・
 
でもって、 
 
元気で長生きしてね♪
 
ダブ♪
 

さっ!
 

 
買ってくるわっ!!
 
 
お誕生日だけの特別プレゼント♪
 
 
 


 
 
 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村
 
  ↑
 お誕生日おめでと。のワンプッシュ!よろしくね。
 
  
 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ジングルベル♪

 
こないだの石けんの会のことを
 
はやく書かなくっちゃ・・・
 
と思いつつ
 
今日はクリスマスイブだわっ!
 
ってことを思い出したので
 
こんな映像を・・・
  


 
 
このジングルベルを歌いながら動くトナカイさん
 
バトンやコトラは近寄ってくると
 
あわてて吹っ飛びます・・・。
 
ダブはへーーき。
 
ちょっと困った顔するだけ・・・
 
 
ってことで、
 
 
メリークリスマス
 

 
 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

もう大丈夫!

 
皆様には大変ご心配をおかけいたしましたが
 
ダブはもう、ほぼすっかりイイ感じです。
  
食欲もアリアリで。
 
( ̄▽ ̄)
 
  
金曜日の夜に最後の
 
「きゃいーん・・・」

 が出てから後は、もうその発作的は様子をみせることもなく
 
すっかり安定してます。
 
今度こそ・・・
 
よかった、よかった。

 ヽ(^◇^*)/ ワーイ
 
です。
  
 
  
 それまではですね、顔もドヨョ~~~~んとしてて、
 
不安げで・・・
 
落ち着いてるっていっても神経はピリピリしてる感じでですね・・・

アタクシがちょっと動くとすぐ反応するっていうか・・・。
 
テレビの前からダイニングテーブルへ移動するだけでもついてくる・・・
  
みたいなかんじだったんですよ・・
 
いえね・・・
 
その距離・・・10メートルも20メートルもあるような大豪邸じゃありません・・・決して。
 

 3歩ほどです。3歩・・・。
 
1・2・3の3歩。
 
( ̄∇ ̄;)・・・
  
 
いえね・・これまた1歩が3メートルとかあるわけじゃありません・・
  
  
ほんの50センチほどです・・・
  
   
ま、ようするに・・アタクシが1.5メートルの距離を移動する度に
 
ついてくるわけですよ・・・
 
実に不安そうな顔をして・・・・
 
せっつなーーーい・・・でしょ・・・。
  
(ノд-。)クスン 
   
  
 それが土曜日くらいからは顔つきもすッキリしてきて、
  
さわやか好青年風笑顔ももどってきたので
 
 もう安心!!ってとこです。
   
 
寝方もね・・・こんな
 

 
まだ調子が悪い時は寝てるときもゴロンとはせずに
 
何日もこんな風に「ふせ」に近いかんじにしかならなかったんですけど、
 
今は
 

 
こんなん。
 
すっかりゴロンできるようになってスヤスヤ寝てます。
 
やっぱりお腹にかなり圧迫感なり痛みがあったんだろうと
 
思われます。
 
ずーーっと、お口からもガス臭がしてたし。
  
  
結局。 
 
今回のドタバタは何だったかっていうと
 
 
きっかけは「左前脚」の靭帯の損傷だったなのかもしれません
  

・・・これもアタクシにはまったく心当たりがないんですけど、
 
トウちゃんが言うには何日か前に
 
ダブがわき見しながら歩いてて溝にはまった・・・らしい・・・。
 
( ̄◇ ̄)
 
その時か・・・???
 
でもそれだけ・・???
 
すたこらサッサと歩くし、階段もラクラク上り下りするけど・・
 
(あかわらず、最初の1歩は右をだすか左を出すか悩んでるけど・・)
どっちでもいいじゃん・・・ (;-_-) =3
  
   
  
ま、なんせ靭帯を痛めた。としましょ。
 
その痛みなり緊張なりで
 
ゴックンと生唾をのむ回数が増えた
 

 
胃にガスが溜まった
 

 
もともと捻じれやすい「胃」が捻じれようとした
 

 
でも縫い付けられてる「胃」は捻じれない
 
あるいは、捻じれてないけど、なんか変形した。
 

 
異常なひきつり感なりを感じた。
   
  
  
  

ってことじゃないでしょうか。
 
 
今回、結局3人の獣医さんに診てもらったんですけど、
 
それぞれの診断を全部足して割るとこんなかんじです。
 
  
まね。今回いろんなことがわかりました。
 

 今ってちょっと調べたらすぐ色んなことがわかるじゃないですか。
 
でもだからって「耳年増」的になってしまうと
 
心配は更につのるし、獣医さんが言ってることすら信用できなくなる・・・
 
っていうか。
 
情報もほどほどに・・・ってことです。
 
 
でも、これはいえます。
  
 
1度「胃捻転」を起こした子はまたなる!!
  

って思っといたほうがいいと思います。
 
特に、1度おこした時に開腹せずにガス抜きだけで対処された場合は
 
要注意です。
 
捻じれやすい胃をもってるんですから。
   
  
  
なにはともあれこれで
 
ダブ劇場は閉幕です。
 
   
ところで
 

 
えーえー。忘れてませんとも。
 
 
ほんと、おりこうさんにしてくれてたよねっ。
   
 
 
ほんとに、ほんとに。
 
バトンとコトラにも感謝です。
 
いつもならアタクシのお股の間が低位置のバトンも
 
お腹が上が低位置のコトラも
  
ダブがしんどそうにしてるとちゃーーーーんと空気を読んで
 
決して邪魔しません。
 
ちょっと離れたところから
 
「お兄ちゃん・・・大丈夫???」
 
みたいな視線を送ってました。
 
・・・・
 
いい子たちだーーーっ!!
 
 (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ ホホホ・・・


 アタクシがいうのもナンですけども・・・
 
 



 
   


 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

胃拡張・胃捻転について

  
ダブのおかげで、
 
わずか2日で3キロのダイエットに成功したdabatolaです。
 
こんにちは。
  
   
ちーーーーっとも、うれしかないけども・・・。
 
((ミ ̄エ ̄ミ))・・・
 
  
  
 
どこから書こうかと迷うんですけども・・・
  
 
まず、犬を飼ってらっさる方ならば(特に大型犬)
 
だいたいが
 
「胃捻転」
 
「胃拡張」
 
のことはご存知だと思いますが、
 
この病気、非常に危険で死亡率も高いわりに
 
正確な原因がわかってないという厄介な病気です。
   
  
どちらにしてもガスが胃に溜まることには間違いないのですが、
 
そのガスが溜まる原因も
 
・ドッグフードが胃の中で膨張する時にガスを発生させる。とか
(特に大豆ミールとか??)
   
・ご飯を高い所で食べると空気を一緒にのみこみやすい。とか
    
・極度のストレスや緊張感を感じた時に空気を飲み込む。とか
(ゴックン・・・って生唾ってやつね。)
  
・体のどこかに痛みや違和感を感じて同じく空気を飲み込む。とか
  
諸説ありますが、どれもきちんとは証明されてないらしいのです。
 
  
    

ま、胃の中にガスが溜まって胃が膨張してしまうのが
 
「胃拡張」
 
で、それが進むと
 
「胃」が捻転を起こして
 
「胃捻転」
 
と、なる。
 
ってのが一般的ですが、
 
捻転するのは「ガスが溜まったから捻転する」
 
のか
 
「捻転したからガスが溜まる」
 
のかってのも、実はちゃんとわかってないらしいのです。
  
ただ、だいたいは
 
「胃捻転」になると、生存率は一気に下がってしまうので
 
当然、「胃捻転」が「胃拡張」の延長上にあると考えてる場合は
 
「胃拡張」が起こった時点で非常ーーーーっな危機感を感じてしまうわけです。
 
 まさしく今回のアタクシがそうだったわけで・・・。
 
とにかく「胃捻転」を起こしてしまったら
 
1分1秒を争うので、
  
(前回のダブにしても
 
もう少し遅かったら、今頃ダブはいないわけで・・・。)
 
 できるだけ早い対処が必要です。
   
  
 
あと、アタクシをあせらせたのは
 
一度「胃捻転」の手術をした子は2度とならない・・と
 
長い間思ってたんですが、これが意外にも
 
「再発」が多い。
 
ってことです。
 
  
これは「胃捻転」の手術方法なんですが、
 
何種類かあるらしいんですよね。
 
「胃」の一部を切りはがして、それを肋骨に巻きつけるように縫い付ける。
 
とか、 
 
もうちょっと簡易な方法での縫い付け方とか・・・
 
詳しくはわかりませんが、
 
「胃捻転」の再発が多いのは、その「簡易的な縫い付け方」
 
をしてある場合が多いみたいです。
 
夜間救急とかで手術した場合はその簡易式が多いようです。
 
(簡易式といっても手抜きとは違います。)
  
もちろん病院によっても違うと思いますが。
  
ダブも夜間救急病院での手術だったので、
 
いつものかかりつけ病院に手術のデータがなく、
 
その術式がわからなかったんです。
 
ですから、「再発・・・」それが一番怖かったんですよね。 
  
  
  
そんな状況の中でのダブの異変だったので、
 
アタクシとしましては非常ーーーーっにあわてたわけであります。
 
   
ダブがおかしなことになった翌朝に病院でレントゲンを撮ってもらって
 
「ガスはもう腸へ流れていってるから大丈夫!」
 
と言われた後も
  
ダブがしんどそうにしてると
   
「その時は大丈夫だったけど、またガスが溜まってきてるのかも・・・」
 
という不安は拭えません。
 
拭っても、拭っても後からあとから押し寄せてきます。
 
それに「胃拡張」→「胃捻転」の図式が頭にある以上
 
不安感はいっそうつのります。
 
  
 
病院へ行った日。
 
昼間は比較的安定してたんですけど
 
夜になるとまた落ち着かなくなってきました。
   
 
なんせ2秒に1回、体勢を変えるんです。
 
右を下にして横になる・・
 
2秒後、
 
左を下にして横になる・・・。
 
また2秒後・・・
 
の繰り返しです。
 
あげくのはて、横になるのはあきらめて立ったまま・・・。
 
うろうろ・・・うろうろ・・・・。
  
あっち向き、こっち向き・・・
   
不安になるでしょ・・・・???
 
 
なんかお腹に圧迫感を感じてるんだなぁ・・・って思うでしょ。
 
やっぱりガスが溜まってきてるのかも・・・って思うでしょ。
 
 
でもあいかわらず、「空えずき」をするでもなし、
 
先生にも大丈夫、って言われたし・・・。
  
 
アタクシも自分に
 
「大丈夫、大丈夫。」
 
って言い聞かせてわけですよ。
 
しかしながら、不安はどんどん大きくなってなっていきます。
 
そんな時に
 
 
突然!!
 
   
ダブが 
 
「きゃおーーん!!・・・くぅん、くぅん・・・」
 
 
ですよ。 
  
 
 どうですかっ!!
 
 
この声って・・・
 
 
犬飼い人としては
 
そこらへんのどんな「呪いの言葉」より怖くないですかっ?! 
   
飛び上がりましたよっ。アタクシ。
 
 
え”っーーーー!!!
 
 何??何??
 
どういうこと???
 
  
  
 
しばらくしての2度めの
  
 
「きゃおーーん!!」
   
  
で、やっぱりこれはマズイっ!!!  
 
これは救急へいかなければっ!!
 
 
これが夜中の2時の出来事。
 
 
ネオベッツERセンターはまず電話予約が必要です。
 
まず電話をして大体の症状の説明をしてから出かけました。
    
  
 
 
  
で、
 
再びレントゲン検査をしてもらったところ
 
「ガスは溜まってるけども捻転は起こしてない」
 
ってことでした。
 
そして、前の手術のデータも確認してもらって、
 
手術方法は
  
「しっかり固定タイプ」
 
だったので、今後も再発は考えにくい。
 
ってことがわかりました。
 
捻転を起こさない限り、この程度のガスは自然に抜けていく場合が多いので
 
 
そんなに危険度はないし、緊急性もないだろうということでした。

 
 
ふっーーーーー!!!
  
 
霧が晴れたような気がしました。
 
  
しかーーーし、  
  
んじゃ、この苦しみようは何なんだ???
    
  
  
ってことなんですけども
 
やはり1度「捻転」を起こした子は
 
捻転を起こしやすい「胃」だってことです。
 
原因がはっきりしない以上なんともいえませんが、
 
そういう「体質」と考えなければならないようです。
 
なので、今回も「胃」が捻転しようとしたけども、
  
縫い付けられてるので不自然にひっぱられる・・・
 
みたいな現象が起こってるのかもしれません。
 
ということです。
 
が、これも定かではありません。
 
もしくは、まったく別のところの痛みかもしれないのです。
 
神経系の疾患とか
 
関節系の疾患とか・・・
 
  かなり丁寧に触診していただきましたが、
 
これという痛みが起こりそうな原因は他に見つかりませんでした。
  
これ以上は詳しく血液検査などをしないとわかりません。
 
この日は緊急性はないだろうということだったので、
 
詳しい検査は後日、かかりつけ病院でしてもらうことにして
 
(ここで血液検査すると、さらに諭吉さんが2人くらい飛んでいくの・・)
 
帰宅しました。
  
 
なので、結局、ERセンターでは何の処置もなかったということなのですが
 
「前回の術式がわかって、再発の危険性は非常に低い」 
 
ってことがわかっただけで、
 
諭吉さんとのお別れをしたかいはあったというものです。
  
   
ただ、家に帰ってきても
 
相変わらず、落ち着きなくウロウロしてるので、
 
アタクシも落ち着けるわけもなく、
 
でも、ただ見守ることしかできないのありました。
 
が、明け方
 
だんだんと落ち着いてきたようにみえました。
  
 
 
そして翌朝。 
 
いろいろ相談にのってもらってた獣医「もも母」に
 
事後報告。
 
 
すると、
  
「胃」の動きがにぶってることは確かなので、
 
「胃」や「腸」に溜まったガスをはやく排出させるためにも
 
胃腸の働きをよくするお薬をしばらく服用したほうがいいのではないか。
 
という。
 
更に、朝は比較的安定してたのですが、
 
また例の
 
「キャオィーーーン!!・・・・」
 
が出たので今回はちょっと遠いけど、もも母の病院へ急行。
    
  
 「胃捻転」の疑いは晴れたけど、
 
痛みの原因を知りたい。
 
っていうか、どこが痛いのか知りたい。
 
「あんな。ここ、ここ。ここが痛いねん!!」
 
とダブがしゃべってくれたらいいんだけども。
  
   
  
「もも母」病院で血液検査をしてもらいました。
  
    
結果・・・・異常なし。
 
 
安心っちゃ安心なんだけど、
 
 ますます原因がわからない・・・。
    
「きゃいーーん」
 
ってなった時の様子を詳しく話しながら、
 
もも母も実に丁寧に丁寧に触診してくれました。
 
で、みつかったのが
  
   
左前脚の靭帯を痛めてる

 
っていうこと。
 
「きゃいーん」が出た後、左前脚をあげるってことを伝えたので、
 
 特にじっくり前脚を診てくれてたのです。
  
  
 
でも、普通に歩いてるんですけどもねぇ・・・。
 
ま、関節の角度とかによってかなりの痛みがある様子。
 
 
そーーーっか・・・。
 
 
でも、脚の痛みだけであんな声だすかなぁ・・・。
 
 しかし、血液検査でも異常は見つからなかったし、
 
他の関節系の異常等も見つからないので
  、
 今はこれ以上の処置はしようがない。
    
言ってた「胃腸の薬」と「痛み止め」
 
を処方してもらって帰りました。
  
 
って、書いてるはなから、また横で
 
 
「キャオィーーンッ!!」
  
 
あっあーーーー・・・・。
    
  
これねぇ・・・。
 
ほんと悲痛な声なんですよ・・・。
 
そんで、「キャオィーン」の後はしばらく興奮状態が続いて 
 
ブルブルと震えが止まらないんです。
 
 何回聞いても慣れるものではありません。
 
 「大丈夫。大丈夫。」
 
と、撫でてやってると徐々に落ち着いてくるんですけど・・・。
 
 
 
 
実はトウちゃんはさっきのではじめて聞いたわけなんですけど
 
吹っ飛んで、あわてふためいてました・・・。
 
 
 
 
 
というわけで、
 
 
胃捻転の疑いは晴れましたが、
 
相変わらず、正体不明の痛みらしきものと
 
戦ってるダブなのです。
  
  
  
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 
  
 

  
 
 

 


 
 

 

 

 

 
 

 
 

 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

dabatola

Author:dabatola
~主な登場人物~

dabatola・・寝る時に至福の喜びを感じる。大阪在住の丙午生まれ

父ちゃん・・一応、我が家のボス。良いも悪いも少年の心を持ち続ける寅年生まれ

ダブ・・なでてもらうことが何より最高の喜び。だれかれとなく愛想を振りまくるゴールデンレトリーバー8歳

バトン・・よく寝てよく遊びよく食べる。規則正しい生活がモットーのイングリッシュポインター4歳

コトラ・・身体は小さくとも気の強さは我が家イチ!!小さな虎の異名をもつヨーキー×チワワ5歳

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。